喫茶 キエチーフ

......徒然ツンデレまったり雑記(更新不足とも言う)


   ここはしがない音楽屋T28が管理するブログスペースです。
     右側のメニューからどうぞ~ゆっくりしてってね!


   
  (⁰︻⁰) ☝お気軽にポチっ☆それだけで、幸せ

スポンサーサイト :: --/--/--(--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

12/16 Java propertiesファイル :: 2014/12/16(Tue)


【properiesで設定項目をまとめちゃうよ】

社内の勉強会のテキストで突然現れたやつ、propertiesファイル。
テキストではメールアドレスを管理するデータベースなんていい方をしてたけど、それならSQLiteでも使えばいいんじゃ・・・・。でもまぁ簡単に使えるからいいのかな。

propertiesファイルは拡張子「properties」のテキストファイルで、「key=value」の形で設定情報等を記入していくもの。.txtだっていいんだけどね。

#アドレス管理

MinamiKotori=chunchun@mail.com
KousakaHonoka=panGaUmai@mail.co.jp
SonodaUmi=loveAro@mail.ne.jp

こんな感じにどんどん書き込んでいく。空白は無視、#でコメントアウト。


●読み込むとき
プロパティオブジェクトを作ってから、loadをする。

Properties prop = new Properties();
prop.load(new FileInputStream("mail.properties"));


●値を取る
オブジェクトからget

System.out.println("ことりちゃんのアドレスは" + prop.getProperty("MinamiKotori"));


●新しい情報を保存する
key、valueをセットして、保存!

prop.setProperty("SonodaUmi","loveAro@mail.ne.jp");
prop.store(new FileOutputStream("newMail.properties"), null);

  1. SW強いられまとめ
  2. | コメント:0

12/16 列挙 Enumeration :: 2014/12/16(Tue)


【IteratorとかEnumerationとか】

ファイルの全件検索、表示を「列挙」っていう見たい。
んで、その方法は色々あるみたい何だけど
どうやら「Enumeration」はディスられ傾向にあって、「Iterator」がいい感じらしい。
ただ列挙したくなったのは別記事でまとめていたpropertiesファイルのデータ。

色々調べた結果、どーーーしてもpropertiesをIteratorで列挙できない。
というわけで、素直にクラスドキュメントに書いてある「Enumeration」を使用します。


 Properties prop = new Properties();
 prop.load(new FileInputStream(filename))

 Enumeration mpEnum = prop.propertyNames();

 while(mpEnum.hasMoreElements()){
  String mailaddr = (String)mpEnum.nextElement();
  String username = prop.getProperty(mailaddr);
  System.out.println(mailaddr + "は" + username + "さんのアドレスです。");
 }
 writer.close();

propertiesファイルはusername(key)とmailaddr(value)のアドレス帳データを想定

propertiesクラスをインスタンス化、loadで読み込みます。
そしてEnumerationで列挙。whileで回してprintlnで表示させます。
nextElement()で次のpropertyを検索、なければwhileから出るロジックです。

(String)mpEnum.nextElement();の(String)のルールがいまいちわからん。なんで書くんだろう。
  1. SW強いられまとめ
  2. | コメント:0

12/9 暗黙的なtoString :: 2014/12/10(Wed)


 
【オブジェクトの情報を文字列で表す暗黙的なメソッド、toString】

社内で行われている勉強会の参考書にて、
system.out.println(player.toString() + "ほにゃらら");
というものがありました。

playerとは、ゲームを行う人のクラスをインスタンス化した時の変数名。
このインスタンスには人の名前等を引数にしてインスタンス化している。




が、別の行にはふつーーーーに。
System.out.println(player + "ほにゃららら");
なんて記述が・・・。同じ出力というオチ。

playerクラスを見るとtoString()というメソッドの実装があり、そこで実装した文字列の内容が上記の標準出力の内容担っていました。
が、player.toStringと書いていない出力もtoString()メソッドの実装内容と同じものになっている・・・・。


ってことで調べてみると、どうやらオブジェクトにはtoStringというメソッドが暗黙的に存在しているらしい。
個別でメソッドを記載しなくても、オブジェクトの変数を書くだけで呼び出されるようだ。

しかし、それだけだととても人が読めるような出力にはならない。(例、省略)
そこで、各クラスでtoStringのオーバーライドを推奨しているようだ。

これで、オブジェクトの詳細を簡単に文字列で表すことが出来る。


ふーーーん。

ところで、オーバーライドとかインターフェイスとか、まだよくわかっていない。
  1. SW強いられまとめ
  2. | コメント:0

12/1 いまどきのデザインセンス :: 2014/12/03(Wed)


【デザインのセンス・・・というかトレンドのアンテナをMOTTO!MOTTO!】

プログラミングはビューに関するものが全てじゃないけれども、やっぱり見た目は大事。
かっこよさはそのまま使用感にも出てくるしね。

で、今日はちょっとだけショックが。


あるデータのリスト表示で、「有効期限切れ」を表現する場合。
残り時間から有効、無効を判断させるわけだけれど、無効の時は残り時間表示ではなく

有効期限切れ

・・・と。


ださくね?とな。たしかにそうだ。
今出来は半透明で無効を表現する。・・・たしかに。

もっといろんなアプリの見た目にも関心を寄せなければ・・・。はぁ




  1. SW強いられまとめ
  2. | コメント:0

??/?? JSON形式 :: 2014/11/30(Sun)


 「この文章はJSON形式でよろしく!」

そんなもの聞いたこともないわ!!単語も知らんのをそろそろ察してほしいもんですよ・・・。
さぁ調べよう。



JSONとは”javascrip object nation”の略らしく、記述形式?の1つらしい。
数字とか文字列とか、(連想)配列まで、全てを文字列で記述する、
最近流行りのデータ保存形式らしいです。

JSON.parse()でパース(解析)することで、文字列のjsonをオブジェクトに変換することで、
文字列で保存、オブジェクトにして使う、文字列で保存。ということが出来る。

[
{title : "ちゅんちゅんことりちゅん", auther : "T28"},
{chapter : "第1章", body : [
{part : "1", sBody : "吾輩はことりである。"},
{part : "2", sBosy : "名は南。"}
]
},
{chapter : "第2章", body : "おなかがすいたのでこれでおわり"},
{key : "あとがき", value : "ちゅーん(・8・)"}
]



上の例は少しどうかと思うけれど、配列とオブジェクトを組み合わせて構造的に文章、データを管理することが出来る。
本であれば、章、節、表紙やあとがきで分けられるね。

htmlに直接書くんじゃなくて、JSONファイルとして外部に書き出せば編集も楽だ。


ちょっと俺にはとっつきにくかったけれど、慣れると管理はし易いかな。



テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

  1. SW強いられまとめ
  2. | コメント:0

<前のページ│ │次のページ>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。